読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきのマネー

お金と良いモノ

【ふるさと納税】最高級A5ランクのお肉を2000円でお腹いっぱい食べる方法

お得 お金 生活 ふるさと納税

スポンサーリンク

f:id:bbc-21:20170104233600j:plain

こんにちは!かきたろー(@kakitaroo_)です。

 

安い外国産の肉で我慢しているみなさん。

国産高級肉、食べたいですよね?

ふるさと納税なら、自己負担2,000円で美味しいお肉が大量にもらえます。

 

ふるさと納税とは

ふるさと納税というお得な制度を、あなたはご存知でしょうか?  

地方自治体に納税(寄付)することで税金が控除されて、実質2,000円の負担で豪華な返礼品がもらえるとってもお得な制度です。

具体的には納めた金額から2,000円引いた額が、今年の所得税と次年度の住民税から引かれて納める税金が安くなります。

 

超豪華なお礼がもらえる

f:id:bbc-21:20170322205324p:plain

(佐賀牛サーロインステーキ600g:寄付金額20,000円)

ふるさと納税をすることで、その地方の特産品などをお礼品としてもらうことができます。

最高級A5ランクのお肉だけではなく、 高級ブランド米、収穫したてのフルーツ、地酒などなど。

食品以外にも高級家電や日帰り温泉券、日用品詰め合わせなど、たくさんの種類があります。

これが実質負担2000円でもらえるなんて、とってもお得ですよね。

 

 

やり方はとっても簡単

ふるさと納税の市場規模はどんどん伸びてきています。

テレビやネットでの特集が増えてきて、2014年度の市場規模が約390億円だったのが2015年度には約1,600億円(前年比約4.3倍)、2016年度は約3,000億円(前年比約1.9倍)といわれています。

クレジットカード決済も普及してきました。

もちろんクレジットカードのポイントもたまります。

 

ワンストップ特例制度

ふるさと納税をして、税額控除をうけるためには確定申告が必要でした。

これでちょっと手を出しづらかった人もいるかと思います。  

しかし、確定申告が必要ない年収2,000万円以下の会社員の人で寄付をした自治体が5ヶ所以内であることが条件ですが、確定申告を行わなくても自動的に翌年の住民税が安くなるワンストップ特例制度ができました。  

寄付した後に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を自治体に送付することで、自動的に税金が安くなります。

これで難しい確定申告なしでふるさと納税できるようになりました。

 

寄付金の上限に注意しましょう

”寄付”に関しては、お金のある限り無制限に行うことができますが、税金が安くなる金額には上限があります。

具体的には年収によって上限額が異なります。

ふるさと納税の普及に伴い、2015年1月から上限額が2倍になりました。

f:id:bbc-21:20161218180224p:plain

 簡単シミュレーション

 

家族構成によって上限が変わります。

それ以上は文字通り”寄付”となります。

ご自身の上限の目安はさとふるなどのサイトを参考にしてください。

 

12月が締め切り

ふるさと納税の締め切りは12月31日です。

人気のお礼品は早い者勝ちですので、お早めに!  

 

お礼の品も年々豪華になっていますし、正直やらなきゃ損です!

近頃はお礼品が豪華すぎることが問題視されることも増えてきているので、いつまでもある制度ではないかもしれません。

今のうちに恩恵に預かっておきましょう。

さとふる公式サイト

スポンサーリンク