読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきのマネー

お金と良いモノ

ビットコインとは|仮想通貨の買い方とおすすめ取引所|仮想通貨元年

スポンサーリンク

bitcoin

こんにちは!かきたろー(@kakitaroo_)です。

 

2017年は仮想通貨元年といわれています。

何をもって元年というのかわかりませんが、昨年末の新聞でそういっていました。

しかし一般的にはまだまだ認知されていないかと思いますので、ビットコインとは何か、簡単にまとめてみました。

 

ビットコイン誕生

2008年10月、ナカモトサトシという謎の人物が、ビットコインの論文をWEB上で発表しました。

日本人のような名前ですが、日本人かどうかは定かではありません。

この論文は多くの人に支持され開発・普及が進んでいき、2009年にビットコインは誕生しました。

ナカモトサトシに敬意を評し、最小通貨単位が0.00000001BTC=1Satoshiとなっています。

 

2010年には10,000BTCとピザ2枚が交換され、これが初のビットコインでの支払いとなりました。 

2017年3月13日現在では1BTC=140,000円ほどで取引されています。

およそ7年間で、ピザ2枚が14億円となっています。

 

ビットコインの特徴

国家や銀行に依存しない

円やドルのような通常の通貨では国家や銀行が発行します。

しかし、ビットコインは発行元がなく、あらゆる政府や銀行などから独立しています。

特定の国家や銀行に依存しないので、世界的な経済危機などの際にリスクヘッジになる投資先として注目されています。

 

キプロスショック

2013年3月、キプロス政府は財政破たんの危機に瀕していました。

そこで銀行預金を封鎖し、税金として没収しようとしました。

国民はそんなこと認めるはずがありませんので、キプロス国外へ資産を逃がす方法を探しました。

そこで選んだのが、ビットコインでした。 

ビットコインは国や銀行などの発行元がないため、国や銀行の都合である日突然引き出せなくなることはありません。

 

こうして、キプロス国内でビットコイン需要が急増しました。

キプロスから流れ込んだ大量のお金によって、ビットコインの価格は急騰しました。

2012年12月末は1BTC約1,000円でしたが、キプロスショックの3月には1BTC約5,000円以上に急騰しました。

この経験から「経済危機のときはビットコインが安全」という認識が広まっていきます。

 

発行量が決まっている

ビットコインの発行総量は、2140年までに21,000,000までとされていてそれ以降、新規に発行されません。

ですので、他の貨幣のように大量に発行してインフレを引き起こすことができません。

ビットコインが流通するほど、他の通貨と比べて価値が高まるという点も注目が集まっている要因です。

 

画期的な管理方法

国や銀行が発行、管理しないのにいったい誰がやっているのかと思いますよね。

特定の国や銀行に依存しないということは、通貨としての価値を国や銀行が保証してくれないわけですから不安にもなりますが、

  • 取引履歴が記録としてすべて残る
  • 取引履歴を誰も改ざんできない
  • 不正が発生しないように通貨が発行される

このようなことが可能になったので、国や銀行が保証せずとも信用される通貨になったのです。

そのもっとも重要なのがブロックチェーン技術です。

 

ブロックチェーン技術

ビットコインなどの仮想通貨の根幹となっているシステムの名前で、取引を記録する帳簿のことをブロックチェーンといいます。

ブロックと呼ばれる「取引の記録」を記載したデータを鎖のように繋いでいくのでそう呼ばれています。

そしてこのブロックチェーンは全世界に公開されていて、だれもが見ることが出来ます。

全取引の履歴が世界中に散らばっていて、みんなで監視しあっているためハッキングを防止することができるのです。

さらに「みんなが見ているから」ではなく物理的にハッキングできない仕組みがあります。

 

ビットコインが信頼される理由

ブロックは、一定時間が過ぎると新しいブロックが生成され、また記録する、という作業を延々と繰り返します。

新しいブロックには、「直前のブロックのデータを暗号化した値」が含まれています。

 

直前のブロックのデータが新しいブロックにあるということは、今までの取引がすべて含まれているということになります。

つまり、特定のブロックの内容を改変しようとすると、それ以降のブロックの過去のデータが実際のデータと異なるということが起こります。

これではバレてしまいます。

 

ですので、ブロックの内容を改変しようとすると、それ以降のすべてのブロックを新しく作らなければいけません。

しかし、取引を記録するために膨大な計算処理をしなければいけない「プルーフオブワークシステム」というシステムがあって、この計算結果がブロックに含まれているため、一定時間ごとに増えていくブロックをすべて計算することはほぼ不可能となっています。

 

また、P2P方式と呼ばれる分散型システムで様々なところあるコンピュータが記録を持っています。

世界中にバックアップがあるようなイメージですので、世界中のコンピューターを同時に破壊しないかぎり消滅することもありません。

 

同じくブロックチェーン技術を使ったビットコイン2.0と呼ばれる通貨にも要注目です。

マイニング

マイニング(採掘)とは、ビットコインを発行する行為です。

取引を記録するための膨大な計算処理の手伝いをすることで、その報酬として新たなビットコインを得ることが出来ます。

f:id:bbc-21:20170103213119p:plain

 

ビットコインは発行量が決まっており、2140年までに21,000,000BTCまでとなっています。

2017年1月で約16,000,000BTC流通していますので、5,000,000BTC残っているわけです。

時価総額で約7,000億円です。

これを得るために世界中でマイニングが行われています。

しかし、マイニングにはスーパーコンピューター並みのスペックが必要なので、一般人には到底不可能です。

 

ハッキングされることも、消滅することも現実的にありえません。

革命的なブロックチェーンによって、国や銀行が管理しなくてもビットコインを信頼できるようになっています。

日本ではマウントゴックスの破綻事件がありましたが、あれは取引所がハッキングにあった(CEOの横領?)だけで、ビットコインが悪いわけではありません。

 

coincheckの登録方法

ビットコインを支払いに使ったり、受け取ったりするためにはウォレットが必要です。

coincheckは取引所とウォレットの両方の機能があり、スマホアプリも非常に見やすいです。

さらにビットコイン以外の通貨も多数取引することができます。

また現在、新規登録キャンペーンを行なっています。

coincheck

coincheck

アカウント作成

f:id:bbc-21:20170103165737p:plain

メールアドレスとパスワードを設定してアカウントを作成します。

Facebookのアカウントでも作れます。

すると確認メールが届くのでURLをクリックします。

これでアカウントは完成です。

coincheck登録はこちら

 

電話番号登録

日本円を入金するには電話番号の登録が必要です。

f:id:bbc-21:20170103170055p:plain

 電話番号を入力するをクリックし、入力するとSMSで認証コードが届くので、それを入力すると登録完了です。

これで日本円を入金することができるようになります。

 

ビットコインを買う > 日本円を入金する から振込先の口座情報が確認できます。

振込先はSBIネット銀行ですので、口座をお持ちの方は手数料無料で入金できますよ。

 

ビットコイン購入

f:id:bbc-21:20170103170535p:plain

 振り込んだ日本円が反映されたら、「ビットコインを買う」から好きな数量を購入できます。

これで登録からビットコイン購入までが完了しました。

 

本人確認をしよう

 登録した段階では1日50,000円までしか入金できないため、本人確認書類の写真をアップロードして本人確認をしましょう。

免許証の表裏と、自分で免許証を持っている写真が必要です。

 

2017年3月から住所確認のため郵便物が届くようになりました。

といっても郵便物を受け取るだけで、追加で手続きは必要ありません。

本人確認が完了すると、50,000円以上の入金とクレジットカードでの購入が可能になります。

coincheck公式サイト

 

まとめ

アメリカではスターバックスを始め、様々な店舗で使用することができます。日本でも少ないですが、使用できる店舗があります。

日本でもビックカメラとリクルート系列の26万店舗で利用可能になることが決まりました!

まだ誕生して10年もたっていないビットコインですが、世界中にみとめられ日常的に使われ始めるのもそう遠くないと思います。

coincheck公式サイト

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin