かきのマネー

お金と良いモノ

【EXE-i 先進国株式ファンド】確定拠出年金で先進国の大型株に分散投資しよう

スポンサーリンク

f:id:bbc-21:20170505171117p:plain

 

確定拠出年金で購入できる「EXE-i 先進国株式ファンド」のご紹介です。

日本を除く、世界中の大型株に分散投資できるファンドです。

個人的には日本企業の成長にあまり期待できないので、こういった日本を除くようなファンドが好きです。

EXE-i 先進国株式ファンド

低コストな「EXE-i」シリーズの1つで、日本以外の先進国の大型株に投資できるファンドです。

世界中に分散投資できるのが理想ですが、他国の企業のことなんてよくわからないのが実際のところ。

このファンドだけ買っておけば、プロがそれをやってくれます。

確定拠出年金の口座でも買うことができます。

f:id:bbc-21:20170505165737p:plain

設定から4年程度ですので大きく値上がりはしていませんが、着実に上昇しており、純資産も右肩上がりです。

 

内容 

  • シュワブ U.S. ブロード マーケット ETF
  • バンガード・FTSE・ヨーロッパ ETF
  • バンガード FTSE ディベロップド・アジア・パシフィック(除く日本)UCITS ETF

集めた資金を3つのETFに投資し、 アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の日本を除く大型株に投資できます。

組み入れ比率

  • アメリカ60%
  • ヨーロッパ30%
  • アジア太平洋10%

アメリカ、ヨーロッパに幅広く投資できます。 

詳しくは以下のようになっています。

f:id:bbc-21:20161228203212p:plain

グローバル〇〇などの名称で世界に分散投資をうたっている他のファンドでもアメリカ比率は高いです。

トランプ大統領になってさらに経済発展することが期待されますね。 

また情報技術やヘルスケアの分野は、今後も成長が期待されますので比率が多いのは良いことだと思います。 

 

手数料も安い 

0.33%程度となっており、他の投資信託と比べて格段に安いです。

確定拠出年金で長期運用することを考えると、手数料は安ければ安いほど良いですね。

f:id:bbc-21:20170505165151p:plain

出典:インデックスファンドによろしく

同様に先進国の大型株に投資するファンドで、手数料がさらに安いDCニッセイ外国株式インデックスもあります。

組入比率が少し違うので、分散したり、好みで決めたり使い分けができますね。

 

分配金は再投資

分配金は年一回発生しますが、投資家に渡ることはなく再投資されます。

複利の力を最大限得るために、分配金を再投資するものを選ぶべきです。

毎月分配型なんてのは論外ですね。

 

新興国が成長してくるはず

先進国にはあまりのびしろがなく、これからは新興国の時代だ!といわれることもあります。

新興国が成長するなら、新興国の株に投資しておくのはもちろん良い選択だと思います。

 

しかしそう考えますと、新興国にすでに投資している先進国の企業が儲かるとも考えられるので、このファンドを通じて先進国株を買っておくというのも選択肢のひとつだとも思います。