かきのマネー

お金と良いモノ

【からかい上手の高木さん】ニヤニヤがとまらない!男の夢が詰まった青春マンガ【ネタバレあり】

スポンサーリンク

f:id:bbc-21:20170122205831j:plain

 

ひとコマでもう読みたくなりません!?

 

からかい上手の高木さんをもっと知ってもらいたいので紹介します。

あらすじ・みどころ

コミック『からかい上手の高木さん』15秒CM(ファーストキスver.)CV:高橋李依

 

毎回こんな感じで西方が高木さんにからかわれるマンガです。

西方はからかわれすぎて仕返ししてやろうとするも、それをうまいこと利用されてまたからかわれてしまいます。これがすごくいいんですよね。

 

2人の恋心はあきらかなんですが、付き合うとかではなくて読者はいつもじらされて悶えてニヤニヤしてしまうのです。

それも読み進めるごとにだんだん「好き」をにおわせる発言や行動が増えていきます。

もうほとんど告白してます

これで気づかない西方には、にぶすぎる!変われ!と言いたくなります(笑)

 

こんな青春を送りたかった…(切実)

 

からかわないとうずうずしてしまう高木さん

好きだからなのか、からかっているうちに好きになったのかはわかりませんが、高木さんは西方をからかわないと落ち着きません。

西方が風邪をひいたとき、からかうのを我慢している高木さん。

f:id:bbc-21:20170122192604j:plain

高木さんは結構優しいんですよね。その優しさがかわいさに拍車をかけています。

ツンデレというか、ギャップ萌えというか。

そのへんに通ずるものがあります。

 

ドキッとするセリフをさらっと言ってくる

f:id:bbc-21:20170122192602j:plain

これはたまらんでしょ!!!一瞬で好きになってしまう。

 

f:id:bbc-21:20170122192600j:plain

こんなこともヘーキで言います。ずるい。

 

高木さんには勝てない

勝負事の回では毎回お約束ですが、西片が負けます。

腕相撲ではこんなこと言って油断させます。

f:id:bbc-21:20170122192601j:plain

そりゃこんなびっくりした目になってしまうよな。

 

西方が高木さんにキスできたら勝ち」という高木さんが設定した勝負で、西方が「公平じゃない」と異議を唱えますが、

f:id:bbc-21:20170122192552j:plain

こんなの勝てるわけない!!

 

普通に勝負しても強い

西方がポーカーでイカサマして勝とうとするのですが、返り討ちにされてしまいます。

f:id:bbc-21:20170122192554j:plain

これはポーカーに限らず、いろんな場面で肝に命じておかなければいけませんね。

ていうか、ポーカーでイカサマできる女子中学生ってすごいな!

高木さん頭いいですからね。(テストは90点台)

 

好きな人に連絡先を聞くのは緊張する

学生時代とかそういう経験ないですか?20〜30代のみなさんに多いかもしれませんね。

昔は連絡網とかで家の電話番号がわかったり(家に電話するのはかなり緊張するでしょうけど)、今なんかだとクラスのグループLINEとかがあるらしくて、聞かなくてもわかるとかいうチートみたいなこともあるそうですが、

自分の携帯を持ってメールでやりとりしていた世代は共感できるんじゃないでしょうか。

西方が携帯を買ったので、高木さんにアドレスを教えてもらおうとします。

f:id:bbc-21:20170122192555j:plain

アドレス教えてほしいのわかりきってるのに、小悪魔ですよね。

そして、

f:id:bbc-21:20170122192556j:plain

ち、近い!顔が近い!!メールのやりとりしたい!!!

高木さん、どんどん積極的になっていってます。

 

西方から誘ったとき

いつも一緒に帰るときは高木さんが誘っていますが(うらやまけしからん)、このときは上手いこと西方から誘うように仕向けます。

f:id:bbc-21:20170122192553j:plain

このうれしそうな顔!かわいい!

普段と違って少し頬が赤くなってます。こういう乙女なところがちょいちょい垣間見えるのもかわいいです。

 

ベッドでお勉強

夏休み、高木さんが家にやってきます。

f:id:bbc-21:20170122192551j:plain

高木さんのこの顔。

 

なんの勉強するんですかねぇ(ゲス顔)

 

まとめ

高木さんにからかわれたい。

 

これに尽きます。男の夢が詰まっていると言っても過言ではない。

 

セリフがなくて表情で読みとるようなコマがたくさんあるのもおもしろいところです。

読者の受け取り方次第でさらにニヤニヤできます。

f:id:bbc-21:20170122192606j:plain

そしてこんな告白みたいなこと言っても付き合うわけでもなく、からかい、からかわれる日常が続いていって、延々と読者を悶えさせるのです。 

 

どういう風なラストになるんでしょう?気になって仕方がありません。

展開知ってるのに、何回読み返してもニヤニヤしてしまうんですよね〜。

 

2017/2/10に5巻が発売されます。たのしみですね。

読んだらまたレビューしたいと思います。