かきのマネー

お金と良いモノ

エアコンで乾燥に悩まされて買ったアロマディフューザーは加湿器ではなかった話

スポンサーリンク

f:id:bbc-21:20170121162534j:plain

 

寒い日が続いていますね。

北のほうに住んでいなくても、暖房がないと生きていけません。

我が家の暖房器具はエアコンしかないので、毎日フル稼働しています。

エアコンは暖房の中で1番コスパがいいって知ってました?

 

暖房代はエアコンが1番安い?

ファンヒーターやストーブなどエアコン以外の暖房器具は熱を生み出すため消費電力が高くなります。

 

一方エアコンは温めた空気を送り出すだけなので消費電力を抑えられます。

エアコン起動時には大量の電力を消費し勢いよく部屋を温めますが、温まった部屋の温度をキープするだけなら大した電力ではありません。

風速自動でつけっぱなしがよいということです。(暖房に限らず冷房も)

「節電」とかいってこまめに入切するのは間違っています。

 

エアコンがどれだけ安いかというと

1日12時間使用した場合の1か月の電気代を家電コーディネーターの戸井田園子さんが試算したところ──

エアコン(6畳用※電気暖房器具が暖められる一般的な広さが6~8畳程度のため、6畳で試算)→4380円

ハロゲンヒーター(電気ストーブ)→1万7490円

電気カーペット→1万4580円

ファンヒーター→1万6770円

オイルヒーター(※強モードで使用し続けた場合)→2万1870円

もっとも安いのがエアコンで、いちばん電気代がかさむオイルヒーターを使うよりも97日間で約5万6000円も安くなる。

エアコンはコスパ良いが暖房使用時は冷房時の3倍の電気代│NEWSポストセブン

 

冷房より電気代がかかるのは仕方のないことです。というかくらべても意味ないです。

他の暖房とくらべるべきであり、その場合エアコンのすごさが際立ちますね。

 

ただエアコンにも問題点はあります。

 

乾燥やばい問題

エアコンつけてると乾燥しますよね。

 

なんで乾燥するかっていうと、飽和水蒸気量ってのが関係しています。

超ざっくりいうと、

空気の温度が高いほど、空気中に多くの水分がないと「乾燥してるな」と感じるわけです。

寒いときはあんまり水分がなくても大丈夫なのですが、そこから空気だけ温めて水分の量は変わらないと「めっちゃ乾燥してるな」となってしまいます。

 

乾燥してていいことはない

のどが痛くなったり、目が乾いたり、肌がかさかさになったり、インフルエンザにもなりやすくなったり、悪いことしかないです。

 

解決するには加湿する必要があります。

 

いろんな加湿器

加湿器にもいろいろあります。

気化式とか超音波式とかハイブリッドとか。

方式によって消費電力とか加湿力とか違いますが、割愛します。

 

電気を使わない紙のやつもあります。 

 

お手入れが重要 

加湿器ってきちんと手入れしていないと、雑菌をまき散らしてしまうので手入れが簡単なものを買うべきだと思います。

特に超音波式は水をそのまま飛ばしているだけなので、その水に雑菌がいたら大変です。

 

アロマディフューザーを買ってしまった

超音波式は雑菌がーって言いましたが、安いんですよね。

デザインもおしゃれだったり。

 

乾燥がやばい…はやく加湿器を…

って状態だったので、あまり深く考えずに、複雑な構造をしてなくてお手入れも簡単そうな安いやつを買ってしまいました。

f:id:bbc-21:20170121141249p:plain

それがこちらのアロマディフューザー。

Amazonでお値段2999円。

めっちゃ加湿されてそうな写真でレビュー評価も悪くない。

気が向いたらアロマオイルも使ってみようかなーとも思いました。

 

ところが実際使ってみると、

 

ミストが出てない…?

 

上に手をかざしてみると、なんか冷たいのが出てるような気がするけど視認はできない…

 

なんだこれは。写真と違うじゃないか。

 

アロマディフューザーは加湿器ではない

よくよく調べてみると、アロマディフューザーに加湿能力は期待するなという結論が得られました。

あくまでアロマを楽しみたい人向けみたいです。

 

加湿したいなら加湿器を買えという、あたりまえのことでした。

 

というわけで、アロマディフューザーは返品します。

送料を払えば自己都合でも返品できるのがAmazonのいいところです。

 

アロマディフューザーが欲しい人はどうぞ。

 

そのあとちゃんと調べて加湿空気清浄機を買いました。最高です。

www.kakitaroo.com