読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきのマネー

お金と良いモノ

【ドラゴンボール超(スーパー)】マンガにはマンガにしかないおもしろさがある!とよたろうってだれ?【コミックス・単行本】

スポンサーリンク

こんにちは!かきたろー(@kakitaroo_)です。

 

みなさんは毎週日曜日の朝9時から、ドラゴンボール超(スーパー)のアニメ観てますか?私は欠かさず観てます。毎週日曜日が楽しみで仕方ないです。

そんなドラゴンボール超、原作が鳥山明のコミックスもあるって知ってました?

大筋のストーリーはアニメと同じですが、中身は違うところもありますし、漫画にしかない良さもたくさんありますよ!

とよたろうってだれ?

原作は鳥山明ですが、漫画は「とよたろう」という人が担当しています。「toyble(といぶる)」という名前で、ドラゴンボールGT後の世界を描いた「ドラゴンボールAF」を描いていた人です。

ドラゴンボールAFの原作はアメリカの同人誌ともいわれていて、漫画の方は未完結となっています。おそらく忙しくなって、AFを描く時間がなくなったんでしょうね。

鳥山明が「アニメーターも含めて最も自分の絵に近い」と言うだけあって本当にそっくりです。

原作はテキストで渡されるらしいので、一から描いているそうです。

 

ドラゴンボールの正当な続編

時間軸としては魔人ブウ編の後、GTが始まる前の話です。なのでスーパーサイヤ人4は出てきません。

スーパーサイヤ人ゴッドやブルーという新しい変身ができるようになっていて、4よりも強いんじゃないでしょうか?

スーパーサイヤ人ブルーというのは、最初はスーパーサイヤ人ゴッドスーパーサイヤ人(SSGSSと略されたりする)という名前でした。ギャグかと思いましたが、「スーパーサイヤ人ゴッドのパワーを持ったサイヤ人のスーパーサイヤ人」のことをいいます。

スーパーサイヤ人

スーパーサイヤ人

長すぎる、ということでその見た目からスーパーサイヤ人ブルーになりました。

ちなみにスーパーサイヤ人ゴッドは赤髪でちょっと細くなります。

スーパーサイヤ人

 

ストーリーは同じ

漫画のストーリーは、映画「神と神」の場面から始まります。アニメと同じですね。

それから復活のFは飛ばして第6宇宙との武道会、そして2巻の時点で未来トランクス編が始まっています。

ゴールデンフリーザとの戦いは「そんなこともあった」程度には語られます。

 

進行は結構早めですね。バトルシーンとかはアニメの方が濃く描かれています。

アニメで放送された日常回も、漫画にはありません。

 

漫画のいいところ

アニメで動くバトルシーンもいいですが、集中線や効果音を使った漫画のバトルシーンは別の良さがありますよね。

ストーリーは同じでも内容はかなり違うので、新たな気持ちで楽しめます。

 

中でも懐かしのあのシーンは、胸アツでした!

リスペクトしてるのがよくわかります。

ドラゴンボール超

ドラゴンボール

 

結婚の秘密(?)がわかったりもします。

ドラゴンボール超

 

未来トランクス編

ゴクウブラック

アニメでもかなり長い間放送された「未来トランクス編」が始まりました。

セル編で未来に戻ったトランクスが、もう一度帰ってきます。

熱いバトルが何度も繰り広げられる大好きな話ですが、2巻の最後で「未来トランクス編は、アニメとは演出やアプローチが少し違う展開になる」と明言されています。これは期待が高まりますね。

待望の「あの約束」というのも気になります。

 

まとめ

ストーリーの進行はアニメの方が早いので「もう内容知ってる」と思いきや、アニメにはなかったシーンや漫画ならではの表現などがたくさんあります。

まだ2巻ですが、今後の展開が非常に楽しみですね。

単行本3巻の発売日は未定ですが、6月頃と予想されています。2巻発売時には全国の書店で売り切れ続出だったので、3巻は予約した方がよさそうです。

 

連載終了から20年以上たった今、続編が連載されるというファンにはたまらない状況です。

魔人ブウ編までのドラゴンボールはほとんどの人が読んだことあると思いますが、

その続き、気になりませんか?