かきのマネー

お金と良いモノ

電子マネーの選び方 セブンイレブンではQUICPay(nanaco)でポイント二重取りして3.5%還元【JCBカード】

スポンサーリンク

QUICPay

 

コンビニでは現金、クレジットカード、電子マネー各種、QUOカードなどいろいろな方法で支払えますね。

みなさんはどうやって払っていますか?

セブンイレブンにおいてはQUICPayが1番お得な支払い方法です。その理由を説明します。

 

QUICPay(nanaco)

セブンイレブンやイトーヨーカドーで使えるnanacoカード。よくセブンイレブンを使う人は持っているかと思いますが、JCBの後払い式電子マネーQUICPayが搭載されているのをご存知でしょうか?

 

JCBカードのマイページから申し込むことで、nanacoカードにQUICPay機能を持たせることができます。

そしてなんと、nanacoカードのポイントとJCBカードのポイントが両方貯まります!

ポイント二重取りというやつです。

 

還元率は?

JCBカードの中でも高還元率のJCB CARD EXTAGEを例に計算してみましょう。 

  • JCB CARD EXTAGEの還元率は0.9%(0.6%の1.5倍)*nanacoキャンペーン時
  • セブンイレブンは提携店舗なのでポイント3倍(JCB ORIGINAL SERIESのみ)
  • nanacoカードの還元率0.5%

 

すべて合計すると3.2%となります。

JCB CARD EXTAGE公式サイト

 

ただしこれは20代限定なので、30歳以上の人向けにはJCBゴールド・ザ・プレミアがおすすめです。

前年の使用金額で変わってきますが、最高の条件(前年300万円以上使用)の場合で計算してみます。

  • カードの還元率が1.02%(0.6%の1.7倍)*nanacoキャンペーン時
  • セブンイレブンは提携店舗なのでポイント3倍(JCB ORIGINAL SERIESのみ)
  • nanacoカードの還元率0.5%

 

すべて合計すると3.56%となります。 

JCBゴールド公式サイト

ゴールド・ザ・プレミアは年会費がかかりますが、年会費無料のJCB一般カードでも、前年の利用額100万円以上でポイント1.5倍となるので、20代限定のJCB CARD EXTAGEと同じ3.2%還元を実現できます。

 

支払い時の注意点

大事な注意点が1つあります。

セブンイレブンの店員さんは、こちらが「nanaco払いで」と言わなくても、nanacoカードを見たらnanaco払いボタンを押すように訓練されています。

 

しかし、nanacoではなくQUICPayで払いたい…。

nanacoカードを見るや否や「はいはいnanacoね」って感じでボタン押してくるので、そのあと「QUICPayで…」と言ってキャンセルしてQUICPayボタンに切り替えてもらっていると時間の無駄です。

ですので、「QUICPayで」言い切るまでカードは財布の中にしまっておくことをおすすめします。 

これでかなりスムーズに決済できますし、店員さんに舌打ちされることもなくなるはずです! 

 

まとめ 

クレジットカード払いだとサインや暗証番号が必要な店舗でも、QUICPayならスマートに決済できます。

実質的にクレジットカードで支払ったことになりますので、QUICPayが使えるところでは積極的に使っていきたいですね。

カードのポイント還元率に依存するので、使用する際はポイント還元率の高いJCBオリジナルカードのQUICPayがおすすめです。