読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきのマネー

お金と良いモノ

ふとももは芸術だった!「ふともも写真の世界展」に行ってきました【感想】

スポンサーリンク

f:id:bbc-21:20170507153323j:plain

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

一応雑記ブログなので、たまには日記的な記事も。

というわけで東京、大阪、名古屋で開催されている「ふともも写真の世界展」in 名古屋に行ってきました!

大阪と名古屋は5/7まで、東京は5/14日まで開催されています。

f:id:bbc-21:20170507153353p:plain 

 

会場の様子

入場料は600円。

結構狭い会場だったので、人数は多くないですが結構混雑していました。

意外と男女比は半々くらい。

男性の年齢層は20〜50歳くらい、女性は若い人ばかりでしたね。

カップルで来ている人もいて、この趣味を共有できるカップルめちゃくちゃうらやましいな…と思いました。

撮影・SNS投稿OK

壁一面に写真が展示されていて、相当な枚数でした。

撮影もSNS投稿もOKということで、みんなカメラやスマホでパシャパシャやってました。

f:id:bbc-21:20170507154118j:plain

意気揚々とカメラを持って行きましたが、会場の照明の関係でなかなか難しかったですね(言い訳)

 

f:id:bbc-21:20170507154221j:plain

透明感がすごい。

 

2階には等身大?のパネルもありました。

f:id:bbc-21:20170507154404j:plain

 

様々なシチュエーションのふとももが展示してあって、みなさん「これやばい」と各々お気に入りを指差したりしてましたね。

f:id:bbc-21:20170507154541j:plain

 

ねこ。

f:id:bbc-21:20170507154952j:plain

メスなので百合とのことです。

ふとももは芸術でした

会場の雰囲気は美術館のそれでした。

若い女性が多く来ていたことからも、下心ではなく他のところに魅力を感じて来ている人が多いのではないでしょうか。

 

1枚ずつ見てると確かに卑猥な感じですけど、あれだけの枚数に囲まれるとただただ「うつくしい…」って気持ちになります。

構図や光にこだわり抜かれたふとももの写真は”芸術品”でした。

大阪と名古屋は今日で終わってしまいましたが、東京はあと1週間やっているので気になった人はぜひ行ってみてください。

 

元々ふとももフェチでもなんでもなくて、ただ近くでやってたから行ってみただけなんですけど、見事にふとももフェチになりましたw

うつくしいふとももは素晴らしいですね。

 

そして写真集を購入。

私の撮った写真ではアレなので、ぜひ綺麗な写真を見てほしい。

 

たまんねーっす。