かきのマネー

お金と良いモノ

頭柔らかすぎ!メルカリのイタチごっこはどこまで続く?

スポンサーリンク

f:id:bbc-21:20170430181420j:plain

 

メルカリで現金が売られていることが話題でした。

なかなか規制されないと思っていましたが、テレビでも取り上げられた影響か、早々に規制されました。

 

その後、様々な抜け道が見つけられ、無法地帯と化しています。

事務局が24時間体制で監視を始めなければならない事態に。

メルカリ、現金や交通系電子マネーの出品問題について公式声明 「24時間体制で監視・削除対応」 - ねとらぼ

 

頭柔らかすぎる出品者たち

 

チャージ済みSuicaが規制されたら、魚のオブジェw 

 

無記名の領収書。これは脱税になりますよね。 

 

諭吉先生のお札(おふだ)とかポートレートカードとか。

 

早々に出てきたビットコイン。

出品された時のレートなら増えてるはず。本当に入っているなら…

 

キャッシュバックとかもう天才すぎる。

 

かなりの需要がある模様

あの手この手で売ってくるってことは、かなりの需要があるということでしょう。

しかし買い手からすると、期待通りの物が届かない可能性はあるし、そうだったとしても支払ったお金を取り返すことは難しいのではないでしょうか。

ポートレートカードとか、本当に写真だけ入ってても何も文句言えないでしょ。

Suicaとかペーパーウォレットだって、本当にちゃんと金額入ってるのか保証できないですよね。

というかペーパーウォレットのビットコインを現金化する手段持ってるのか…

 

そこまでして「現金」が 必要な切羽詰まった人が多い、だからそれを食い物にする頭のいい人が多い。

ヤフオクやメルカリといったCtoCのサービスがある以上、完全に規制することはできないでしょうね。

 

24時間体制で監視するの大変そう…(こなみ)

事前承認制にしたほうがいいんじゃないかな。

普通の出品が多いからどっちもどっちですかね。

 

解決策が全く思いつかない。