読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かきのマネー

お金と良いモノ

【2D・4DX】映画SAOオーディナルスケール 感想【ソードアートオンライン】

スポンサーリンク

sao-movie

 

「劇場版ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」の感想です。

結論から言うと、最高でした!!!

2Dと4DXの両方観たのでそれぞれの感想を書いていきます。

ソードアート・オンライン(SAO)ってなんぞや

2022年、次世代ゲーム《ナーヴギア》が開発され、仮想空間へのフルダイブが実現した。
《ナーヴギア》初の本格的なVRMMORPG ※「ソードアート・オンライン(SAO)」は世界の注目を浴び、 「SAO」正式サービス開始日、プレイヤーのひとりであるキリトは仮想世界を満喫する。
だが「SAO」の開発者・茅場晶彦は、全てのプレイヤーたちにこう宣言する。
このゲームはクリアするまで脱出不能、そしてゲームオーバーは現実での死を意味する、と。
※ VRMMORPG=仮想大規模オンラインロールプレイングゲーム

STORY | Aincrad | ソードアート・オンライン

これは1期のストーリーですが簡単に言うと、PSVRのすごい版で、死んだら現実でも死ぬゲームをクリアして脱出するお話です。

2期も別のVRゲームの話です。

マンガ原作ではなくて、しかも2期まであるアニメはなかなか観ないフレンズな私ですが、SAOは主人公が最強な設定とか世界観が大好きで全部観てます。

 

ところでこの話、2022年なんですね。あと5年…!

劇場版のストーリー

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫
――その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。
それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 公式サイト

ポケモンGOのめちゃくちゃ進化した版ですね。

公式サイトで予習マンガも公開されていますよ。

sao-movie.net

 

VR世界では最強だったキリトも、AR(現実)では敵の目前でコケちゃったりします(笑)

キリトよりアスナのほうが動けてました。

さすが閃光!現実世界でも閃光でした。

sao-movie

 

それにしてもこのデバイスでどうやって視覚を制御しているのか…

後頭部には目で見た情報が最初に行き着くところがあるので、そこに直接信号を送っているのかなと思いましたが、カメラ搭載ダイレクトプロジェクトシステムと書いてあるぞ?

(目に)ダイレクトプロジェクト?右目はちょっと無理あるよね。

いつかこんな世界が来るのかな?

sao-movie

 

歌がとっても良い 

Catch the Moment

Catch the Moment

  • LiSA
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

主題歌「Catch the Moment」はもちろんのこと、キーキャラクターであるユナ(CV 神田沙也加)の歌が劇中歌として何曲も登場します。

戦闘シーンの曲としてユナが歌うので、どの曲もテンション上がります!

5曲ありますが、私は「Break Beat Bark!」が1番好きですね。

終盤、ユナがライブで歌う曲です。

Break Beat Bark!

Break Beat Bark!

  • ユナ(神田沙也加)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ユナはまあ、初音ミクみたいな存在ですね。

sao-movie

 

2時間で綺麗にまとまっている

内容的にアニメ1作分くらいのボリュームがありましたが、無理なく綺麗にまとまっていました。

新しい設定の説明から始まって、「これ2時間で終わる?」と思いましたがすっきり終わりました。体感的に2時間以上で大満足でした!

作画もすごい!めっちゃぬるぬる動くし、東京の街並みとか戦闘シーンとか作り込み方がハンパなかったです。

 

完全に続編なので、アニメはすべて観ている前提で話が始まると思った方がいいです。

それも1期の内容が多いので、忘れていたら復習していきましょう。もちろん2期のリーファやシノンも登場しますよ。

キリトとアスナの絆とか、仲間たちとのことも知っていれば何倍も楽しめます。

 

最高!

ファンは絶対観るべき!戦闘シーンの迫力もすごいです!

 

「オーディナル・スケール!起動!!」って言いたくなりますよ。

sao-movie

 

これも買っちゃいました。ドリンク入りで1000円です。

アスナバージョンもありますが、選ぶことはできません。

sao-movie

 

全体的に最高でした!めっちゃ興奮します!

 

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」本予告 2017年2月18日公開 - YouTube

とりあえずこの予告観たら、映画館行きたくなるでしょ!何回観ても鳥肌立つ!

本当に外れないので、ぜひ!!

エンディングは絶対最後まで観たほうがいいですよ! 

4DX感想

4DX自体が初めてでしたが、簡潔に言えば失敗でした。

 

過剰演出 

4DXの1番の売りは座席が動くことだと思いますが、必要以上に動かしてきました。 

戦闘以外のシーン、特に序盤は無理やり動かそうとしている感が強かった。

そこで座席動くの??と思うことが多々あり、映像と全然合ってない動きも何度かありました。

 

ダメージ演出の愚痴

f:id:bbc-21:20170311203544j:plain

戦闘でダメージを受けた時なんかは座席から突起が出てきて(マッサージチェアみたいな)こちらにもダメージを与えてきます。

背中から壁に叩きつけられるシーンはわりとリアルな感じでいいんですが、エイジがドヤ顔で「VRにこの痛みはないだろ」とか言って腹パンしてくるシーンでも背中に衝撃が…。

 

あれはちょっとどうなのさ…

腹に衝撃は無理だしやめてほしいけど、振動とかでよかったのでは。

 

煙とフラッシュはいらない

4DXの売りに「煙」と「フラッシュ」もあります。

スクリーン上で煙が出ているシーンでは、スクリーンの端からも煙が吹き出します。

もしかすると実写映画ではいいのかもしれませんが、アニメでは映像の煙と実際の煙の違いが際立って滑稽でした。

 

フラッシュに関しても、視界の端の方で「光ったかな?」って感じだったので、なくても全然変わらないレベルでした。

 

香りにがっかり

4DXの売りのひとつに「香り」があります。

お風呂シーンや密着するシーンもあるので「アスナのいいにおいがするのでは!?」とワクワクドキドキして行きましたが、これには本当にがっかりしました。

 

クサい

肝心の香りは全然いいにおいじゃない。くさい

なんとも形容し難い甘いにおいだったのですが、お世辞にもいいにおいとは言えませんでした。

 

1種類だけ

この香り、1種類しかないんですね。

映画館によって違うのかもしれませんが…。

 

なんでケーキのにおいとアスナのにおいが同じなんだよ!

f:id:bbc-21:20170311203515j:plain

 

うるさい

香りを含ませた空気を噴射するたびに「プシューッ」ってうるさいんですよね。

においの前に音でわかっちゃうし、後半は「くさいやつがくる」って息を止めたり、全然映画に集中できませんでした。

 

いろいろうるさい

香りの他にもいろんな演出がいちいちうるさかったです。

売りのひとつ「エアー」ですが、座席のヘッドレストのとこから耳に向かって空気を噴射されるのです。

普通にびっくりするし、めちゃくちゃ不快。これもプシュプシュうるさく頻度も多い。

 

最後の星を見る静かなシーンでは、風を起こすための扇風機の「ブオーン」って音で台無し。外だということを演出したいのでしょうけど、別に風吹いてなくてもいいじゃん…。

風の演出は戦闘シーンではいい味出してたとは思います。寒いけどね。

羽織れるものをもっていくことをおすすめします。

 

初回は2Dがおすすめ 

2回目で内容を覚えていても、戦闘シーンは興奮しましたし、戦闘シーンだけ関しては4DXも良かったと思います。

 

初めての4DXでしたが、これは「映画」ではなくアトラクションだと思います。そういう噂は聞いていましたが、思った以上にそう感じました。

初回では内容に集中できないかな…。

SAOでは水のシーンはありませんでしたが、他の映画では結構びしょ濡れになったりするそうです。そうなったら余計に集中できませんよね。

特に初回は普通に2Dで観ることをおすすめします。