「会話をする」ということが非常に疲れる人もいる【人付き合いが苦手】

スポンサーリンク

aisowarai

 

おしゃべり好きな人がうらやましい今日この頃です。

声を発して会話するのって疲れるんですよね。

楽しい時は楽しいんですけど、それでもどこか無理してる感じがあります。

 

人と話すのは疲れる

MPが必要

人生はRPGに例えられることがしばしばありますけど、私にとって人と話すためにはMPの消費が必要です。

消費量は親しさの度合いによって変わりますが、家族であっても少なからず消費します。弱めの魔法を打つ感じ。

これが上司や初対面の人になると、ゴリゴリ消費します。強化魔法を使ったり強い魔法を連発しないと勝てない。

MPが尽きるともう苦笑いしかできません。

エーテルてきなMP回復アイテムは存在しなくて、時間の経過しか回復手段はありません。

しかも回復めっちゃ遅い…

 

同じような人いません?

 

自分の話をするのが苦手

延々自慢話をするような人は別次元の存在だと思っています。すごすぎる。

自慢話とかないですし、自己紹介とかも苦手です。

出会って間もない人に「もっと話してよ」なんて言われたときには、その人との関係が終了します。

 

聞き上手と思われる

これはいいことなのかわかりませんが、聞き上手だと思われることが多いです。

実際にはこちらがMPの消費を抑えて話してないだけ。

相手が勝手に話していることに、適当に笑って相槌を打っていたら「聞き上手な人」になっていました。

ひたすら話したがりの人とは相性がいいみたいです。

 

表情筋が衰える

現在一人暮らしです。家では歌ったり独り言もないので、声を発することはありません。

顔にもたくさんの筋肉があり、使わなければ当然衰えます。

普段の仕事でもあまり喋る仕事ではないので、ものすごく久しぶりに飲み会などでいっぱい笑うと顔が筋肉痛になります。

まだ若いのに老け顔になりそうなので、こんな本買ってみようかなと思っていますが、三日坊主になるのが容易に想像できるので保留してます。

 

ネットってすばらしい

「同じ時間を共有していて、即レスが求められる」状況が無理なのだと思います。

なんでもない雑談というキャッチボールをしている最中に突然ボールを持ったまま固まって、5分後10分後とかに返ってきたらおかしいですよね?

「キャッチしたらすぐ返さなくては」と思ってしまうのでそれが疲れます。なので同様に、電話も苦手です。

親密度が低い人ほどキャッチボールのテンポを意識してしまって、速度を補うために多量のMPが必要になります。

 

ところがブログやSNSなら、知らない人でもリアルな知人でも、MPの消費なくコミュニケーションがとれるんです。

文章なので声を発しなくてよくて、即レスも必要ないからだと思います。

ブログ関係では初めての人とやりとりすることも楽しめているので、知らない人とでも積極的に関わっていきたいと思っています。

 

ネットがある時代に生きててよかった!